子育てと仕事に忙しいママのための「時短・コスパよし」の自分が試してよかった美容法やお役立ち情報を発信するブログ 工夫して生活を楽しみたい!

40代の今がキレイ!美肌の秘訣

美肌の女性

若い時より肌がきれいです

43歳の在宅ワークを行っている専業主婦の女性です。

美容が大好きなのでスキンケアにもコスメにもかなり詳しい方です。

元々色黒で肌のキメの荒さが目立つ肌でしたが、自分の肌に合うスキンケアや美容法を考えて実践していくうちに10年前よりも今のほうが明らかに肌の色は白くシワも減りました。

ママ友や昔からの友人、デパートのコスメカウンターに行っても肌が綺麗と褒められることが多くなり、自分でも今の肌の状態には満足しています。

肌が綺麗だとファンデーションやアイシャドウのノリもよいので、ママ友や化粧品カウンターの方に年齢を伝えると驚かれることも多いのは自分なりのスキンケア、美容法を確立しているからだと思っています。

元々両親、姉も色黒で実家が海の近くだったこともあり子供の頃は家族全員、かなり色黒だったので遺伝的な色黒であるため、自分だけが肌の色が黒いわけではないので子供の頃は色黒で当たり前だと思っていました。

しかし、高校生の頃から自分の色黒が嫌になり肌のきめが粗く若いのに毛穴も目立っていたので自分なりに美容雑誌やファッション誌で美容の勉強を続けていました。

40代の今、若い頃よりも綺麗な肌を保つことができるようになりました。

自分の肌質を観察してオリジナル美容法を実践!

いろいろと自分の肌に合っている美容法を調べ実践していきました。

色黒でかなりの乾燥肌だった私が実践していること

(1)メイクオフのためにクレンジングは洗浄力が強すぎると更に肌が乾燥してしまうからマイルドなものを選ぶ。

(2)化粧水は手でパッティングするのではなくシートパックで強制的に肌の化粧水を浸透させること。

(3)少しでも乾燥肌の状態を安定させるために美容オイルを使って保湿をする。

(4)毎朝フルーツを入れたヨーグルトを食べる。

(5)定期的に泥パックをして美白と肌のくすみ対策をする。

その結果、肌のくすみが抜けて色白になり毛穴も小さくなったことできめが細かい美肌になることができました。

色黒で乾燥肌であることでスキンケアにはかなり苦戦していましたが、洗浄力の強い石油系界面活性剤が入ったクレンジングは使用しないと決めてクレンジングは優しく行うようにして、肌の十分に化粧水を浸透させるためにシートパックで肌に強制的に化粧水を浸透させるようにしました。

化粧水をたっぷりと肌に含ませればそれだけでもくすみが抜け肌に透明感が出て週に一度程度の泥パックで毛穴を小さく引き締め、肌の乾燥予防に美容オイルで保湿をすることできめの細かな肌になり毛穴も今が一番小さいくらいになりました。

まずは自分の肌質を考えよう

小さなシミは多少ありますが化粧水のパックと泥パックでシミが濃くなることも増えることもなく、肌に良いと言われているヨーグルトやフルーツを毎朝欠かさず食べることも20年近く続けています。

自分の肌の状態に合う保湿方法と洗いすぎないクレンジングで色黒で乾燥していた私の肌も人から綺麗と言われるくらいの美肌になることができました。

保湿はもちろん、肌の状態に適したスキンケアや美容法を実践することは美肌作りには欠かせないことだと思っています。

まるこママ
若い時より肌がきれいなのは、正しいスキンケアを続けてきたからですね。勉強になりました。泥パックも気になります。

 

【シミがある人必見】シミ消し化粧品でシミは消えるの?↓

【まるっとキレイ!ブログ】子育ても自分もどっちも大事!頑張るワーママへ

  数々の女性誌でも紹介され続けている「ビーグレン」。 ビーグレンがシミの悩みに答えてくれるのは、皮膚科でシミ治療に使わ…

最新情報をチェックしよう!