子育てと仕事に忙しいママのための「時短・コスパよし」の自分が試してよかった美容法やお役立ち情報を発信するブログ 工夫して生活を楽しみたい!

【妊娠中もできるシミ予防】妊娠中からできる3つのシミ対策

笑顔の妊娠中の女性
ここでは、妊娠中から産後、授乳中でも安心してできるシミの予防と改善についてまとめました。

出産後、シミができてレーザーでシミを取った私が、知りたかった妊娠中からできる3つのシミ対策です。

「出産後、いつの間にかシミができてた!」という方は多いのではないでしょうか?

実は私も出産後、慣れない子育ててアタフタしている間に、気が付いたら顔の右頬に大きなシミができてました。

妊娠・出産の本にチラッと「妊娠中はシミができやすい」と書かれてましたが、つわりや赤ちゃんが無事に産まれてきてくれるかなど、いろいろ考える事があったので、すっかり忘れてました。

日焼け止めは妊娠中もメイクの流れで塗っていましたが、塗り直しなどしないし、日傘などささずに、産休に入ってからは、よく散歩をしてました。

シミ対策をやっておけば、ここまで目立つシミができなかったのでは・・・と後悔しています。

これから妊娠を考えている方、または妊娠中の方は、この記事を読んで、出来る範囲でシミ対策をしてお役に立てればと思います。

また、もう出産も終えてしまった方も、なるほどと思っていただければ、娘さんやお孫さんに教えてあげてください。

このサイトって何のブログ?伝えたいこと

 

【原因1】妊娠中にシミが増える理由はホルモンバランス

妊娠中はシミができやすくなっています。

その主な原因は2つあります。

「ホルモン変化」「栄養」です。

女性ホルモンの変化でシミができやすくなる

妊娠してから出産まで、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量はどんどん増えていきます。

その他にも妊娠を継続する他のホルモンが分泌されています。

エストロゲンは肌をきれいに保つ働きがありますが、妊娠中は分泌量が増えているので、エストロゲンの影響で日光に対して敏感になっています。

また、プロゲステロンはシミの元を作るメラノサイトを活性化したり、皮脂分泌を増やしてしまいシミやニキビができやすくなります。

簡単に言うと、妊娠する前よりどちらのホルモンもドンドン増えているので、肌が敏感になっているのです。

ですから今まで以上に紫外線や摩擦などの刺激に対して敏感になっているので、気を付けていないとシミが後から増えていたという状況になってしまいます。

メラニンはシミで悩んでいる人には悪者ですが、本来は肌を守るためにあります。

メラニンが少ない白人の人が皮膚ガンのリスクが高いのはそのためです。赤ちゃんを守るために、身体も一生懸命なのです。

妊娠中に肝斑ができることがある

ホルモンバランスの影響で、妊娠中に肝斑ができる方もいます。妊娠性肝斑と呼ばれています。

出産してホルモンバランスが落ち着いたら、治ることが多いです。もし、出産後一年以上経っても残っていて気になるようなら、病院で相談してみましょう。

肝斑予防も紫外線を浴びないこと、肌を擦らないことです。

【原因2】妊娠中にシミが増える理由は栄養不足

お腹で赤ちゃんを育てているので、いつもより栄養が必要です。

シミの観点からもホルモン変化に加えて、栄養がないとシミができやすくなります。

特に気をつけるのは、貧血です。

妊娠中は貧血になりやすく、妊娠された事がある方は、産婦人科から鉄剤の薬を処方された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

妊娠後期になればなるほど、鉄分が必要になっていきます。そして、分娩の際も出血しますし、母乳も血液から作られます。

鉄分は、赤ちゃんのためだけでなくシミ予防にも大切な栄養素です。

ホルモンバランスだけでもシミができやすく肌は敏感になっているのに、さらに追い打ちをかけるように、鉄不足でシミができやすい状況になっているのです。

なぜ、シミ予防に鉄分が必要なの?

【鉄分不足でシミが増える3つの理由】

  1. 鉄分は紫外線を浴びた時にできる活性酸素を抑制するので、鉄分が足りないと活性酸素が増えやすくなる。
  2. 鉄がないと肌がコラーゲンを十分に作れない。
  3. 貧血なので、細胞に酸素が行き渡らないから、ターンオーバーが上手くできない。
まるこママ
鉄分だけなく、妊婦さんは特に葉酸、カルシウム、ビタミンCなども不足しがちなのでしっかり栄養補給しましょう。

なぜ鉄分がシミ予防になるのかもっと知りたい方はこちら↓

まるっとキレイ!ブログ

[mokuji] 目次 1 「鉄分Fe」って肌に大切!肌老化を防ぐためにも、ビタミンCだけでなく鉄分も食べよう!1.1 …

妊娠中に積極的にシミを消す方法はあるの?

日焼け対策をしている女性

結論からいうと、妊娠中は、シミを消すために病院でレーザー治療や塗り薬などはもらえないです。

病院に行っても断られるかビタミン剤をもらえる程度です。

母体と赤ちゃん第一なので、基本のシミ対策をやるのみです。

それは肌だけでなく、身体全体にもいいことなので、地味ですが着実にやっていきましょう。

ただ、美白化粧品などは使っても特に問題ありません。

なぜなら、医薬品と化粧品は効果効能について、法律で分類されていて、「化粧品」なら多くの人が気軽に使っても大丈夫な成分と配合だからです。

そのかわり、医薬品と違って大きな効果は望めません。

大きな効果があるということは、同時に副作用もあるということですから、医師の診断が必要になるのです。

「化粧品」「医薬部外品」であれば、妊娠中や授乳中に使用しても特に問題はありません。

ただ、化粧品なので基本的に問題はないのですが、心配な方はレチノール配合の化粧品だけは避けた方がよいでしょう。

こちらはあとで説明します。

【あわせて読みたい】妊娠中でも使える美白化粧品

  数々の女性誌でも紹介され続けている「ビーグレン」。 ビーグレンがシミの悩みに答えてくれるのは、皮膚科でシミ治療に使われる「ハイドロキノン」の成分が含まれているからです。 本製品換算価格6,422円から[…]

妊娠中から産後にできる3つのシミ対策

具体的には以下の3つです。

(1)帽子、日傘、サングラス、アームカバーなどを使って、紫外線を浴びないようにする。

ホルモンの影響で、シミができやすくなっています。かと言って、強い日焼け止めクリームを塗るのも肌に負担がかかるので、帽子などで上手に防ぎましょう。

肌が摩擦にも敏感になっているので、肌に直接触れるものは、なるべく綿製品を使用しましょう。

(2)スキンケアは保湿中心と肌に優しい日焼け止めを使用する。

ホルモンバランスの影響で乾燥しやすくなっているので、保湿は今まで以上に気を配りましょう。

肌が乾燥していると、肌のバリア機能も弱まり、紫外線などの影響も受けやすくなるだけでなく、妊娠線が酷くなることもあります。

顔だけでなく、体中の肌もクリームやオイルなどで保湿してあげましょう。

日焼け止めも、紫外線散乱剤のみを使用している「ノンケミカル」のものを選び、なるべくクレンジング剤を使用しない石鹸で落とせるものを使用しましょう。

つわりが酷くて、メイクどころでないという方は、粉おしろいなどのパウダーをつけるだけでもしておきましょう。

UV-Aはガラスも通すので、家に一日中いるときも、パウダーだけでもしておきましょう。

親子で使える肌にやさしいUVパウダー↓

まるっとキレイ!ブログ

日焼けどめクリームが「ベトベトする~」と言って、塗りたがらない小学生のためにUVパウダーを探すことにしました。 「肌に優…

まるこママ
パウダータイプの日焼け止めは手もベトベトしないし、便利ですよ。出産後もずっと持っていたいアイテムです。

「いくらシミ対策といっても、日光も少しは浴びた方がいいのでは?」と思う方へ

確かに、体に日光を浴びることによって、体内でビタミンDが生成されるので少しは必要です。

必要な日光量は、日本の気候では、両手の甲くらいの面積が 15 分間日光にあたる程度、または日陰で 30 分間くらい過ごす程度です。

UV-Bはガラスを通しては通過しにくいので、屋内ではガラス越しでなく日光を当たることがポイントです。

日傘や帽子を使用して、一度外出したり、洗濯物を干す家事をしているだけでも十分な量と言えるので、心配することはないでしょう。

妊娠中にシミ予防のため美白成分が入った化粧品を使ってもいいの?

化粧品や医薬部外品を使用する範囲では美白有効成分が入ったものを使用しても特に問題はありません。

しかし、心配な人はレチノール配合の美容液やクリームは避けるようにしましょう。

なぜなら、レチノールはビタミンAの一種だからです。

それでもなんだか他の美白有効成分も心配と思う方は、とりあえずビタミンC誘導体配合のものを使用してみましょう。

妊娠中でもOK!ビーグレンでシミ対策

(3)赤ちゃんにもシミ対策でも大事!食生活に気をつける。特に鉄分不足に注意。

健康な肌にはビタミンA、E、C(エース)とタンパク質が必要です。

それらに加えて妊娠中はタンパク質はもちろん、鉄分とカルシウム、葉酸(水溶性のビタミンB群の一種)になりやすいので、それを多く含んだ食事をしましょう。

補足ですが、鉄分の吸収はビタミンCとタンパク質と一緒にとると吸収率がアップします。

妊婦さんはビタミンAの取りすぎに注意

ビタミンAは必要な栄養素ですが、妊婦さんの場合は取りすぎると、胎児奇形のリスクが高まります。

ビタミンAはレバーやうなぎなどに多く含まれてます。

一方、緑黄色野菜に多く含まれているカロテンは体内で必要な分だけ、ビタミンAになり、ビタミンAを取りすぎることはありません。

心配な方は緑黄色野菜を多く食べるようにしましよう。

本来は食べ物からが理想ですが、つわりや胸やけが酷い方は無理をせず、医師と相談しながら、妊婦でも飲める栄養補助食品に頼ってもいいと思います。

妊婦さんの体とシミ対策にいい食材

ほんの一例です。一つの食材に様々な栄養素が入っているので、少し意識して体にいい食材を取り入れましょう。

赤みのお肉(ヘム鉄、タンパク質、ビタミンB)、緑黄色野菜(βカロテン、ビタミンC、葉酸)、牛乳(カルシウム、タンパク質)、豆腐、納豆などの大豆製品(非ヘム鉄、タンパク質)など。

フルーツもビタミンCが含まれていいのですが、シミ予防のために、ソラニンが含まれている柑橘類は紫外線を浴びない夕方以降に食べるようにしましょう。

むすめ
ソラニンを食べて、2~3時間はいつもより日焼けしやすいよ。

緑黄色野菜

【シミを防ぐためのマストアイテム】ミネラルUVパウダー

もし、私が妊娠した時に戻れるなら、ミネラルUVパウダーを一つ用意しておくと思います。

もっと早く知りたかったというのが本音です。

これなら、すっぴんの肌にもつけれるし、手軽に塗り直しできるからです。

妊娠、出産、育児中にもつかえる日焼け止めパウダーについてはこちら↓
赤ちゃんにつかえるかは今度確認してみますが、少なくとも小学生以上からは使えます。

まるっとキレイ!ブログ

日焼けどめクリームが「ベトベトする~」と言って、塗りたがらない小学生のためにUVパウダーを探すことにしました。 「肌に優…

私の経験~出産の理想と現実に悩みました~

一人目の出産の時、食べ物からとろうと頑張ってましたが、つわりでなかなか料理が作れないし、精神的にも前向きになれない時もありました。

つわりって、厄介なことに食べれないだけでなく、味覚がかわり、ある一つのものだけが食べたいということも人によってはあります。

私は、唐揚げだけが食べたい時がありました。

貧血にいいとされたニラ玉を食べたら、一日中、ニラの臭いが胃の中にあってかえって気持ち悪いということもありました。

私の友人はアイスクリームばかり食べたかったと話してました。

つわりって、食べられないだけでなく、逆に食べた方がいいものが食べれないのに、なぜか食べない方がいいとされているジャンクフード系のものが無性にほしくなるということもありました。

かと言って、安易にサプリメントなど使用するのも添加物が気になりました。

いいサプリを調べるにも気力と体力もいるし、調べられないから栄養不足に対策がとれないという事態に一時陥りました。

栄養も足りないと、体も弱くなるので、病気にもかかりやすくなります。

薬もお腹の赤ちゃんに悪影響を与えたらいやなので、我慢していたら、酷くなって結局、薬を飲むことになってしまいました。

完璧にしようとしたら、八方ふさがりに陥ってしまう時もあります。

理想と現実をみて、また医師や薬剤師さんとも相談しながら、栄養機能食品を取り入れてるようにしたら、安心してストレスも軽減されました。

 

私が出産したのは、もう7年前になります。

その頃は、妊婦さん用のサプリは、薬局にピジョンの葉酸サプリなどがあっただけでした。

曖昧な記憶ですが、妊婦さん用のサプリも見つけることができなくて困っていました。

現在は探してみたら、妊婦さん用のサプリもありました。

何にも食べれない、栄養があるものを食べれない時のお守りかわりに一つ持っていると安心すると思います。

知っておきたい医薬品と健康食品(サプリ)のちがい

サプリメントは医薬品と異なって、成分にばらつきがあるので,信頼できるブランドのものを選びましょう。

サプリメントが心配なら、医薬品のビタミンC剤や鉄剤があります。

医薬品を買う時は、箱などの説明に「妊娠、授乳期、病中などの体力低下時」などの表示があるものを選びましょう。

医薬品の場合は服用期間などの説明もきちんと読んでおきましょう。

サプリメント(健康食品)は「医薬品」「医薬部外品」以外のものとざっくり覚えておきましょう。

サプリメントの中に「トクホ」、「栄養機能食品」「栄養補助食品」などのカテゴリーがあると思ってください。

医薬品とサプリメントの事は、別記事【ママ必見】産後にシミが!と慌てないためのちょっとしたコツもくじ4のところにも書いているので、よかったら読んでください。

医薬品?サプリ(健康食品)?栄養機能食品?気になった方は、医師会のと製薬会社のホームページで簡単にイメージがつかめるものがあったので参考までに掲載します。
医師会のページ
製薬会社のサプリのお話

妊娠中のシミ対策のまとめ

・妊娠中はホルモンバランスの影響で、肌が敏感になりシミや肝斑ができやすい。

・妊娠中のシミ対策は、
(1)帽子や日傘を使用して、紫外線をなるべく浴びない。
(2)肌をこすらない。
(3)肌に優しい日焼け止めを室内でも使用する。
(4)保湿と美白有効成分の入った美容液などを使用する。
(5)食生活に気をつけて肌を健康に保つこと。
(6)貧血にならないよう注意する。
(7)睡眠を十分にとり、ストレスを溜めない生活をする。

まるこママ
栄養が足りないと、病気になりやすい、赤ちゃんにも影響がある、ママの美容にもよくないので、気を付けましょう。
最新情報をチェックしよう!