子育てと仕事に忙しいママのための「時短・コスパよし」の自分が試してよかった美容法やお役立ち情報を発信するブログ 工夫して生活を楽しみたい!

【ビーグレン IBIM の評判は?】ステマが嫌で試さないのは損! 愛用者が語る真実

ステマってなんとなく嫌なイメージありますよね!

なんか騙された感じとか・・・

Twitterなどでビーグレンはステマっぽいから買うの辞めた人もみかけたので、使用している私からみるともったいないなと感じました。

どんな商品でも全ての人に合う訳ではないけど、ピンときたらトライアルセットもあるので試してたらいいのにと思いました。

結局、本当のところは試してみないとわかりません。

ステマとは?

ステマとは、ステルスマーケティング(stealth marketing)の略語。

宣伝広告であることを隠してセールスプロモーション活動を行うことです。

宣伝広告や販促活動と気づかれないように・・・

例えば、一般消費者の立場を装って行われることが特徴的で、芸能人や著名人、インフルエンサーなどに、宣伝広告であることを伏せて、あたかも使っている風にして商品やサービスのPRをしてもらう場合もあります。

むすめ
マーケティングの手法のひとつだね!

ステマが印象悪い理由は?

ステマがマーケティングの手法のひとつだとわかりました。

でも何だか印象悪い、詐欺っぽいイメージがあります。

私もステマと聞くと、やらせとか詐欺とか悪い印象をもっていいました。

「堂々と宣伝って言えばいいのに!!」騙された感じがするのが正直な感想でしょうか?

でも、もし、本当にいい商品でそれを使ったら自分の悩みが解決されたら??

それなら、毛嫌いしないで、試してみてもいいのではないかと思います。

私は結構新しいもの試すの好きです。ワクワクします!!

むすめ
ママのこの記事はステマ?
まるこママ
私は一般消費者で、実際に使った感想やレビューを書いているから、どうなんだろ?あっ、このブログからビーグレンの公式サイトにいくと、私に少し紹介料が入ります。
むすめ
もう、完璧ステマじゃないね!お友達紹介制度みたいなもの?
まるこママ
このブログでは使ってみて本当にいいと思ったものだけ紹介しているので、そこは安心してください。記事にしたいと思って試して効果なかった商品は残念ながらボツにしています。
むすめ
もし、ビーグレン買う時はぜひこのブログからクリックしてくれたら嬉しいな!
まるこママ
私:試して良いものを紹介する。あなた:後悔しない商品選びができる。 会社:よい商品を継続して作ることができる。「三方良し」で「サスティナブル」

ビーグレンIBIMの口コミをレビュー!メリット・デメリット

ビーグレンの売りはクリニック取り扱いの高濃度美容液が使えることです。

スエスクという東京にある美容クリニックで、実際に販売されています。

そう聞いただけでも、結果が期待できそうです。

エステや美容クリニックに興味あるけど、まだそこまでではないかなと思っている人、時間も費用もあまりかけたくない人、は一度ビーグレンを試してからでも遅くありません。

ただ、デメリットもあります。

・美容液の手順が多いこと。5ステップある。

・きちんと説明書を読んで使用方法を守ること。

だから、お肌をきれいにしたい本気で思っている人向けです。

今の肌に満足しているなら、面倒さに負けてしまうと思います。

メリットは

・クリニック通わず、クリニック取り扱い高濃度美容液が手に入る。

・定額制で月7,400円(税込み)で高濃度美容液、お得に基礎化粧品、カウンセリングのハイレベルのサービスが受けれる。

まるこママ
使えば使うほど、さらに割引や非売品のコンシーラーやリップクリームがもらえたりします。

 

ビーグレンの高濃度美容液を試す条件

クリニック取り扱い高濃度美容液はすぐには使えません。

肌に合うか確かめるためにも、高濃度美容液の手前のレベル0のビーグレン製品を試さなければなりません。

また、定額制のIBIMに入らなければいけません。

IBIMは定期縛りなどないので、一度試してIBIMを辞めることもできます。

普通に定期便で買うより、メリットしかありません。

面倒だなと思ったあなた!大丈夫です。

7日分のお試しセットを購入して問題なかったら、IBIMに申込み、すぐに高濃度美容液が試せます。

そして、お試しセットからIBIMに申し込むと1000円割引になります。

ちょっと、気になったなと思ったらぜひ、お試しセットで試してみましょう。

商品が合わなくても、注文日から365日間の返品・返金保証がついています。

リスクなし、お得に試すにはお試しセットから申し込みがベストです。
高濃度美容液を最短で試す方法はコチラの記事

最新情報をチェックしよう!