子育てと仕事に忙しいママのための「時短・コスパよし」の自分が試してよかった美容法やお役立ち情報を発信するブログ 工夫して生活を楽しみたい!

【簡単!日焼け止めの塗り直し方法】手がベトベトしないパウダーなら便利

化粧する女性
日焼け止めって塗り直した方がいいって聞くけど、こまめに塗り直しするのは面倒くさいし、なかなか難しいもの。

ここでは、日焼け止めの塗り直しに便利な日焼け止めのアイテムをお伝えします。

それは、ズバリ

パウダータイプの日焼け止めです。

UVパウダーとか日焼け止めパウダーなどと言われています。

その中でも、すっぴんの肌にもつけれるミネラルUVパウダーは最強のアイテムです。

日焼け止めパウダーはサラサラしていますが、最近のUVパウダーはきちんと保湿成分が含まれているものも多いので、冬でも乾燥の心配なく日焼け止めパウダーを使うことができます。

なぜ、塗り直しに便利なの?

一番のメリットは手がベトベトしないという事です。

仕事中のオフィスでも、化粧室で簡単にメイクの上から、軽くパフで、ポンポンと肌にのせるだけですみます。

お粉なので、サラサラしていて、メーカーによってはカバー力もあるので、同時に化粧直しまで出来てしまう優れモノます。

日焼け止めスプレーが便利そうだけど

日焼け止めスプレーは広範に塗る時は、素早くできて便利です。

しかし、使用方法をみるとわかるように、肌にスプレーをかけた後、手でのばして下さいとありますので、結局、手がベトベトしてしまいます。

個人的には、スプレーは使い切らないとガスが含まれていて、捨てれないので、使い残った時、処分に困るし、ガス抜きの手間がかかりるので、どうかなと思います。ミストタイプならいいかもしれません。

髪用のUVスプレーは便利です。

日焼け止めの塗り直しにはシートもあるけど種類が少ない

実は、日焼け止めシートというのもあります。これもなかなか便利です。

クリームのように、手もそこまでベトベトすることなく、細かい部分も手早く塗れます。

汗拭きシートやデオドラントシートのように、あまり場所を選ばず、気軽に塗り直しもできます。

しかし、販売しているメーカーが少ないです。

調べたところ、現在販売しているメーカーは、「無印良品」とゴルファー専用の日焼け止め会社の「0hole (ゼロホール) 」だけです。

販売されている日焼け止めシート(2019年10月現在)↓
日焼け止めシート

以前は、ビオレなど数社ありましたが、販売停止になっています。

日焼け止めパウダーはどこに売っているの?

日焼け止めパウダー自体は、薬局やドラッグストアにも売られています。

日焼け止めクリームやスプレーの売り場でなく、パウダーフォンデーションの売り場にあることが多いです。

パッケージに日焼け止めパウダーと書かれていて、SPFやPA++などと表示もされています。

日焼け止めパウダーの種類ってどんなものがあるの?

パウダリーファンデーションと同じです。

見た目では、粉を固めていて、粉の飛び散りや持ち運びに便利なプレストパウダーと、粉そのもののルースパウダーがあります。

プレストパウダーとはこんなもの↓
プレストパウダー

パウダータイプのUVパウダーはこんな感じ↓
ルースパウダー

今売られているUVパウダーを色々と調べてみましたが、プレストパウダーは粉が飛び散る心配もなく持ち運びに便利ですが、SPFなどの数値が低いものか多く、肌に優しいとされているノンケミカルのは探せませんでした。

ただ、特に敏感肌でなければ、ノンケミカルでないといけない訳でないので、使い勝手がいいので、そちらでも問題ないと思います。

一方、パウダータイプは、日焼け止め効果の高いSPF50も、ノンケミカルの日焼け止めもあります。

また、すっぴん肌に直塗りできるミネラルパウダーも販売されていました。

ご自分のライフスタイルに合わせて、無理なく続けられるものを選びましょう。

[chat] 持ち運びに便利で使い勝手重視の人はプレストタイプ、日焼け止め効果と肌への優しさ重視の人はルースタイプを選んだらいいのね!
[/chat]

補足:ノンケミカルとは?
紫外線吸収剤を使用していないもので、肌に優しいので、子供用や敏感肌用に使用されています。

ノンケミカル?紫外線吸収剤?って気になると思う方は以下の「日焼け止めの成分」に掲載されていますので、ご参考にされてください。

【まるっとキレイ!ブログ】子育ても自分もどっちも大事!頑張るワーママへ

[mokuji] 目次 1 日焼け止めは必要?日傘と帽子で防いでいるけどダメ?2 日焼け止めの成分について3 【インドア…

日焼け止めパウダーの使い方のと選び方

まずは、お使いの日焼け止めパウダーの使用法を確認していただく事が大事ですが、ミネラルUVパウダーは、すっぴんの肌にも使えます。

今日は一日外にでないという日は、ぜひ日焼け止め効果もあるミネラルパウダーを軽くつけて過ごすと、日頃のメイクで疲れた肌を休めるいい機会になると思います。

その他のUVパウダーは、ファンデーションのように使用するか、ファンデーションの上に仕上げ用に最後に使うのがよいでしょう。

塗り直しする場合は、メイクの上からでもOKです。

そのまま上から塗り直すか、テカりやすい方は、ティッシュやあぶらとり紙で軽く拭いた後、パウダーを重ねてもよいです。

レジャーや屋外でしっかり紫外線をガードしたい時は?

レジャーで日光に当たる機会が多い時は、強めの日焼け止めクリームを多めに塗ってその後、UVパウダーを塗ると、塗ったところが、ベトついたり、テカったりすることないので、見た目的にも、日焼け止め効果的にもよく一石二鳥です。
[chat] クリームとパウダーでダブルで紫外線カット!ですね。肌もサラサラ
[/chat]

日焼け止めパウダーで顔が白くならないものを選ぶコツ

メーカーによっては、日焼け止めを塗ったら、変に顔が白くなっちゃったって事あります。

白浮きしないために、白いパウダーではなく、肌色のパウダーを選びましょう。

ただ、肌色のパウダーは服についたと時、目立ちやすいのがデメリットてす。

気になる方は、顔には肌色のパウダー。デコルテや手の甲などには白いパウダーなど使い分けてもよいです。

色黒の方は、濃いめの肌色のUVパウダーを選びましょう。

日焼け止めは違う種類を塗り直していいの?

同じメーカーのライン使いが理想ですが、化粧品というのは、他のメーカーの商品と合わせて使っても大丈夫なように作られています。

それが、「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」などと法律で分けられている理由の一つです。

特に、日焼け止めパウダーの場合はファンデーションのように使っていただけるので、別メーカーのものでも、敏感肌でなければ問題ないでしょう。

メイクをしない時や子供にも使えるミネラルUVパウダーはあると便利!

お子さんがいる方やあまりメイクをしたくない方は、ミネラルUVパウダーがひとつあると便利です。

ミネラルファンデーションは、スッピンの肌に直接塗ってもいいし、そのまま寝ても大丈夫なものもあるほど、他のファンデーションに比べて肌に優しいです。

また、石けんで簡単に落とせるので、クレンジング剤を使用しなくていいので、その点でも肌に負担はかけません。

【メーカーに実際に問い合わせしてみた】子供にもOKなUVパウダーは?

子供に使えるUVパウダーがあると、便利だなと思いましたが、なかなか探せませんでした。

日焼け止めパウダーは比較的多くのメーカーで販売されていますが、その中で肌に優しいと定評のミネラルパウダーの日焼け止めを販売しているところは少ないです。

ミネラルパウダーを扱っている3社に問い合わせしてみました。

トゥヴェール、エトヴォス、ドクターシーラボ

直接問い合わせてみると、トゥヴェールさんとエトヴォスさんのUVパウダーは、お子様にも使えるやさしい成分という事がわかりました。

ただ、エトヴォスの日焼け止めパウダーは春夏限定で販売されているので、子供と併用できて、いつでも買えるのはトゥベールのみです。

トゥヴェールには、効果は同じですが、「セミマット」と「シマー(ツヤ)」の2種類のタイプから選べます。

両方使ってみましたが、ほとんど変わらないですが、若干シマータイプはツヤがでるので、40代の私にはシマータイプの方が肌がキレイに見えました。

子供たちと一緒に使う、ナチュラルな感じがお好みなら、セミマットがいいかもしれません。

トゥヴェール日焼け止めパウダー

トゥヴェール(トゥベール)をお得に買う方法は?

ちなみに、トゥヴェールは、公式サイト、楽天、Amazonの価格は同じでした。(2019年10月2日現在)

トゥヴェールさんの別の商品を今後も購入したいなら、公式サイトが独自のポイントが貯まるのでお得ですが、基本的には7000円以上が送料無料です。

期間限定で単品でも送料無料があります。

トゥヴェールの公式サイト

楽天ポイントを貯めている方はこちらへ↓

ドクターシーラボの日焼け止めパウダーはアラフォー世代向き

ドクターシーラボは、エイジングケア成分を配合きているので、子供には向かないとの事でした。

逆に言うと、アラフォー世代にはドクターシーラボを選んだ方がよいです。
《公式》ドクターシーラボの日焼け止めパウダー
ドクターシーラボ

日焼け止めパウダーは塗り直しに便利なので、一家に1つあってもいいと思っています。こまめに塗り直して紫外線をカットして、シミ、しわの予防をしましょう。

最新情報をチェックしよう!