子育てと仕事に忙しいママのための「時短・コスパよし」の自分が試してよかった美容法やお役立ち情報を発信するブログ 工夫して生活を楽しみたい!

【不登校ブログ14】解決の兆しがみえた!でも体調不良なので生活習慣を見直そう

まるこママ
友人関係は良くなってきたので、次は頭痛をなくすため、生活習慣を見直します。

親としてやった事

・睡眠が足りていないと思ったので、規則正しい生活をする。

・規則正しい生活をするために親子、家族で話をして、共有する。

 


読みに来て下さってありがとうございます
ここにたどりついている人はきっとお子さんが学校に行きたくないと言われ悩んでいる方かもしれません
私も中一の娘が学校に行きたくないと言い出し、悩んでいる親のひとりです
現在進行中の問題で、日記として書いています
以前の記事を見てもらえればわかりますが、子供の声掛けや潜在意識の勉強をしています。
今回の問題が、潜在意識の知識を使って解決できるか日記に書いていきます。

期末テスト期間中の1週間は頭痛薬を飲まないで過ごしていました。

学校に行きたくないもあまり言わなくなっていました。

「学校に行きたくない」も以前より、重たい表情ではなく、軽い感じで時々ぼやきます。

私も月曜の朝などは、「仕事行きたくないな~。めんどうだな~」と思いますが、普通に行きます。

娘も今はこんな感じです。

また、テストが終わってから、グループで調べ物学習もありました。

地域調べで、5人くらいで休日にその地域に電車に乗って調べものをしてましたが、それもまま楽しそうに行っていました。

いじめではなさそうです。

ただ、テストが終わってフルタイムの授業になった途端、頭が痛くなり、また薬を飲んでいます。

学校に行きたくないはあまりいませんでした。

頭痛はどこから来ているのでしょう。

わからなくなりました。

今日、学校の担任の先生に呼び出されて、放課後話したそうです。

娘が友人関係で悩んでいると言うことは以前伝えています。

先生も「理解はできる。本当の友達って大人でもなかなか見つけにくい。嫌いな子はいてもいいけど、ケンカなどする必要はない。」と言うような形で簡単なアドバイスを受けた感じです。

明確なアドバイスは無いですが、気にかけてくれていると言うのは娘にとって良かったようです。

娘は、宿題や課題や提出物等全て遅れないできちんと出すので、そういうものは信用されています。

親としては、頭痛薬を頻繁に飲む状態をどうにかしたいと思ってます。

期末テストが終わったので、スクールカウンセラーの先生がアドバイスしてくれた睡眠についてしばらく試してみようと思います。

生活習慣がいつも間にか崩れてかなと反省しています。

よく考えると、中学生で正味の睡眠時間が6~7時間だったと思います。

だから、夕寝をして、ますます生活習慣がおかしくなる。

今回、気を付けることは

・10時には寝る。

・睡眠時間を8時間は確保する。

・電気を消す直前にスマホをー見ない。

・寝る30分~1時間前にはゲームしない。

・なるべく休みの日も規則正しく起きる。

・昼寝、夕寝は極力さける。しても20分以内。

そんな感じです。

2週間はやってみようと思います。

また軽くストレッチをやります。

↓不登校ブログシリーズはコチラをクリック↓
【続き】不登校ブログ13
【最初】不登校ブログ1

まるこママ
潜在意識を活かすことが、「なぜ子育てや受験勉強に役立つの?」と思ったら読んでみてください。【関連記事】ママが潜在意識を活用したら、子供の未来は明るい!
不登校アイキャッチ14
最新情報をチェックしよう!